機動戦士ガンダム ジオン兵列伝ぴあ

機動戦士ガンダム
ジオン兵列伝ぴあ

発売:2021年5月27日
定価:1,650 円(本体 1,500 円+税)

​ほか書店、ネット書店にて販売

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」公開記念!

~表紙はククルス・ドアン、ランバ・ラル、アナベル・ガトー、スベロア・ジンネマン~

ガンダムファン待望の劇場アニメ『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(https://g-doan.net/)が6月3日より全国ロードショー。本作の公開に合わせ、『機動戦士ガンダム ジオン兵列伝ぴあ』では、ジオンの漢たちの列伝を振り返ります。

表紙は、元ジオン公国軍のパイロットであるククルス・ドアンに加え、ジオン公国軍の士官であるランバ・ラル、旧ジオン公国軍で「ソロモンの悪夢」と知られたアナベル・ガトー、ネオ・ジオン残党軍のガランシェール隊の隊長スベロア・ジンネマンという苦み走ったキャラクターたちを描き下ろし。

 

誌面では、「ジオン興亡史」にて、時代の流れの紹介をメインに、ザビ家、キャスバル・レム・ダイクン(シャア)、ハマーン・カーン、グレミー・トト、フル・フロンタルなどのキャラクターも解説。「一年戦争」「デラーズ紛争」「第一次ネオ・ジオン戦争」「ラプラス事変」と時系列に沿って紹介しています。「ジオン兵列伝」では搭乗機&艦艇・性格・活躍などを紹介。また、各年代ごとに「人々のジオンのイメージ」と題したページを設けているほか、「ジオンに翻弄されたニュータイプ」「地球連邦軍にもいる義の漢たち」などをテーマにしたコラムも。


昨年4月に発売し重版の人気ぶりを見せた『機動戦士ガンダム ニュータイプ伝説ぴあ』と対をなす、いわば「オールドタイプ伝説」といえる本誌。これまでご好評いただいた『シャア・アズナブルぴあ』『アムロ・レイぴあ』『カミーユ・ビダンぴあ』などの『ガンダムぴあ』シリーズ同様、読み応え十分の内容となっています。映画の人気ぶりを受け、予約開始早々、Amazon「漫画・アニメの 売れ筋ランキング」1位になるなど、ファンの注目を浴びています。

megane.png
機動戦士ガンダム ニュータイプ伝説ぴあ
CONTENTS

【巻頭特集】『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』INFORMATION
■ジオン興亡史


■ジオン兵列伝(一年戦争~バーナム動乱/不死鳥狩り)
U.C.0079-0080 一年戦争
[機動戦士ガンダム]
ランバ・ラル、クラウレ・ハモン、ランバ・ラル隊、ドズル・ザビ、ドレン/ラコック、ガデム/マイヤー、ガルマ・ザビ、バムロ、ダロタ/ジンバ・ラル、マ・クベ、デミトリー/ウラガン、フラナガン・ブーン/バロム、シャリア・ブル、ククルス・ドアン
[機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争]
バーナード・ワイズマン、ハーディ・シュタイナー、サイクロプス隊/フォン・ヘルシング
[機動戦士ガンダム 第08MS小隊]
ノリス・パッカード、ボーン・アブスト、ユーリ・ケラーネ/バリー/ルネン
[機動戦士ガンダム MS IGLOO 1年戦争秘録/黙示録0079]
オリヴァー・マイ、ヨーツンヘイムクルー、アレクサンドロ・ヘンメ、デメジエール・ソンネン、ジャン・リュック・デュバル、ヴェルナー・ホルバイン、エルヴィン・キャディラック、ヘルベルト・フォン・カスペン

 

■ U.C.0083 デラーズ紛争
[機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY]
アナベル・ガトー、エギーユ・デラーズ、ノイエン・ビッター、ケリィ・レズナー、カリウス/ジオン公国軍残党

 

■ U.C.0088-0089 第一次ネオ・ジオン戦争
[機動戦士ガンダムZZ]
マシュマー・セロ、キャラ・スーン、ゴットン・ゴー、ガザの嵐隊、ニー・ギーレン/ランス・ギーレン、グレミー・トト、ラカン・ダカラン、デザート・ロンメル、ロンメル隊

 

■ U.C.0096 ラプラス事変
[機動戦士ガンダムUC]
スベロア・ジンネマン、ギルボア・サント、ガランシェールクルー、アンジェロ・ザウパー、ヨンム・カークス
考察 なぜジオンは戦い続けられたのか

 

COLUMN

ジオンと関わった民間人たち、不義のジオン軍人、ジオンに翻弄されたニュータイプ、地球連邦軍にもいる義の漢たち、ジオン・ズム・ダイクンの遺児キャスバル・レム・ダイクンの半生

【商品概要】
タイトル:機動戦士ガンダム ジオン兵列伝ぴあ
発売:2022年5月27日
発行:ぴあ株式会社
定価:1,650 円(本体 1,500 円+税)
版型:A4版/96P
販売場所:書店、ネット書店、一部コンビニエンスストアほか

<お取り扱い>
Amazon https://amzn.to/3vRTWhW
楽天ブックス https://bit.ly/3y2JE1d
ほか