200911埼玉の町中華_L.jpg

埼玉の町中華

発売:2020年9月11日
定価:968円(880円+税)

電子版あり

定価:748円(本体680円+税)

ほか書店、各ネット書店にて販売中

ようこそ! 埼玉のディープな町中華の世界へ

~「埼玉老舗の町中華物語」「町中華で呑む」ほか町中華ファン必携の一冊~

地元に根付いた飲食店が多い埼玉は、町中華の名店の隠れた宝庫でもある。アットホームな店内、笑顔で迎えてくれる店主、第二の我が家のようなずっと変わらない温かい場所。長きにわたり地元の人々が通いつめる無性に食べたくなる、あの味がある。
うまいだけではない、お腹も心もみたされるようなこの町に愛され続ける町中華の数々をご案内します。

megane.png

◆埼玉老舗の町中華物語

町に根付いて数十年、地元の人々の胃袋を毎日のように満たしてきた老舗の中華料理店がある。今の時代こそ、その変わらない味にほっと癒されてみてはいかがでしょうか。


昭和の面影を色濃く残す店
母と息子夫婦が守る父親が残した絶品中華
創意工夫が光る名店
など、老舗ならではのこだわりを持つ町中華の店が続々登場!

◆町中華の名店へ

さいたま市、川口市、越谷市、所沢市、熊谷市などの町中華名店をたっぷりとご紹介!

◆埼玉のあの逸品

中華料理店は数あれど、思い立ったら食べに行かずにはいられない。地元でイチ押しの店がある。料理人のちょっとした工夫が客の舌を虜にする逸品をご紹介。

◆スタミナラーメン&豆腐ラーメン

浦和や大宮を中心に広まった「スタミナラーメン」、岩槻生まれの「豆腐ラーメン」。安価でお腹を満たしてくれる愛すべき一杯をどうぞ。

◆西川口チャイナタウン

西川口駅を降りてしばらく歩くと、そこには北京、広東語が飛び交うディープなエリアが。観光地化されずに発展する新中華街の注目店をピックアップ!

◆町中華で呑む

おつまみに最適なひと皿から〆のラーメンまで、お酒と一緒に楽しめるメニューが豊富な店をピックアップ。いろいろ飲んで味わっても、会計はリーズナブルに済むのもうれしい!

CONTENTS

<巻頭特集>
埼玉老舗の町中華物語
<特集1>
一度は食べたい 埼玉のあの逸品
<カタログ企画>
・さいたま市の町中華名店へ
・川口市の町中華名店へ
・越谷市の町中華名店へ
・所沢市の町中華名店へ
・熊谷市の町中華名店は
・まだまだあるぞ 我が町自慢の町中華
<小企画>
・埼玉県民のソウルフード! スタミナラーメン&豆腐ラーメン
・西川口チャイナタウン
<巻末特集>
町中華で呑む

【出版概要】
タイトル:埼玉の町中華
発行:ぴあ株式会社
発売:2020年9月11日
定価:880円+税
判型:A4判 96ページ 中綴じ
書店、ほかネット書店にて販売

Amazon https://amzn.to/2RbbLVc
Kindle https://amzn.to/3hj89LJ
楽天ブックス https://bit.ly/3k5IzM0
楽天kobo https://bit.ly/2GIjEzv
セブンネットショッピング https://7net.omni7.jp/detail/1107126846
ほか